トップページ > リクルート > 先輩社員より

リクルート

先輩社員より

吉田 諭史

福井の美味しいものを知らないのはもったいないぞ!

特塩部 吉田 諭史
2016年入社 大阪経済法科大学 法学部 法律学科卒

福井の美味しいものをもっといろんな人に知ってほしい!

皆さんは福井で美味しいものと言えば何を思い浮かべるでしょうか?お肉や野菜、お酒、ブランドにもなっている 美味しいものを沢山思い浮かぶことが出来ると思いますが、私は魚を始めとした水産物が大好きで、とっても 美味しい思っています!

ここ「福井」では鮮度を活かした新鮮な魚を味わえるだけでなく、それらを加工した美味しい水産物が いっぱいあります。例えば代表的なものを挙げると「へしこ(糠漬け)」や「小鯛のささ漬」「焼さば寿司」だったり、 日本三大珍味のひとつとされる「塩うに」もあります。そういった美味しいものをもっといろんな人に知ってほしい、 こんな美味しいものを知らないなんてもったいない!そんな思いを持ちながら就職活動の時期を迎えました。
私は海外への留学経験があり、就職を考えた時に常々「日本の良いものを知って貰える仕事をしたい!」と思って いました。そして就職活動中に、大好きな福井の水産物に携わり、発信ができる当社を見つけ、すぐ入社を決意 しました。

いま私は、この福井を代表する「へしこ」や「小鯛のささ漬」等を担当商材として持ち、営業として県内外に発信して います。展示会を始めとした商談の場等で、自身がこれは美味しいと思って勧めたものを評価して頂いた時は、 この仕事に就いててよかったと思える瞬間です。そして販売される地域が広がれば、より大きな喜びです。

この福井の美味しいものを、もっと多くの人に食べてもらい、知ってもらえるような仕事ができればと思います。

鍵谷 晃一

深く多彩な営業マンになるぞ!

冷凍部 鍵谷 晃一
2016年入社 福井県立大学 経済学部 経済学科卒

私は魚の知識が全くない状態で当社に入社しました。というのも学生のころは特にやりたいこともなく、明確な将来の構想もありませんでした。しかし、せめて生まれ育った福井県に貢献できる仕事をしようと思い、選んだの が福井の流通の中心である市場でした。県内に流通する魚は市場を通り、その流通を支えることで福井県に貢献 できることが当社に入社を決めたきっかけです。

私は現在「冷凍部」にて文字通り冷凍した魚を販売しています。国産の魚から、輸入物の魚、普通に生活してい たら名前を聞くことのないような魚まで、幅広い魚種を取り扱っています。特に輸入物の冷凍魚は、今まで見向き もされなかったような魚が、思わぬ形でヒット商品になったり、逆に売れていたものがほとんど売れなくなったりと 状況が二転三転します。そんな中で常にアンテナをはり情報をキャッチしていくことで、おいしい魚を安く提供でき たり、まだ出回っていない魚を見つけてきたりと発見が山ほどあります。また、同じ魚でも産地による違い、漁獲 時期による違い、加工の仕方による違いなどで品質に大きな差異ができてきます。
商品は同じ魚でもお客さんの ニーズは全く違うものになります。数多くある商品を自分で実際に見て、調理して、食べて違いを把握することで 商品のメリット・デメリットを理解し細かな営業に活かすことができます。

私もまだまだ知識が足りず、日々勉強しています。商品知識を増やし、食べることで見聞を広め、より深く、多彩な 営業マンになれるように頑張っていきたいです。

山野 優人

”ふくいサーモン”を福井県を代表する養殖に!

養殖事業プロジェクトチーム 山野 優人
2015年入社 福井県立大学 海洋生物資源学部 海洋生物資源学科卒

私は、福井県の嶺南にある小浜市出身で、実家は漁師という家系に育ちました。小さなころから海や川といった 環境が周りにはあり、その頃から海が大好きでした。

大学生の頃から定置網、養殖関係のバイトをしており、父も弟も漁師ということもあり水産業には大変興味が ありました。また、趣味も釣りということもあり、将来は魚を扱う仕事がしたいと思っていました。
私は福井県で水産物を扱う会社に入りたいと強く思っており、参加した会社見学会ではセリ人の威勢の良い 掛け声や活魚を見てここしかないと思い入社しました。

今現在は、立ち上げメンバーとして養殖事業プロジェクトチームに所属しています。養殖チームは”ふくいサーモン”を 大野市の清流で稚魚を育て、おおい町の海面で目いっぱい大きくし出荷しています。一口に養殖といっても、 大きな船を扱ったり、餌の仕入れ、魚の調子を見て餌の量を調節したりと様々な業務があり、大変ですが 魚を大きくし、出荷するときは達成感もあり消費者においしく食べていただきたいという思いを込め仕事に励んでい ます。今後はもっともっと規模を拡大し、福井県を代表する養殖にしていきたいと思います。

まだまだ、わからないこともありますが日々勉強なので今後成長していきたいです。
大学生の皆さん、学生生活は悔いのないように良く遊び、良い思い出をたくさん作ってください。

土保 勝成

訳もわからず半信半疑から・・・

鮮魚部 土保 勝成
2013年入社 大原情報ビジネス専門学校卒

私は水産に全く関わりのない状況で当社に入社しました。きっかけは紹介です。福井の食を預かるやりがいのある仕事と聞き、自身も将来の仕事の願望がなく、半信半疑ではありましたが、当社に入社しました。

私は現在、鮮魚部に所属し鮮魚、養殖魚を中心に販売しています。市場といえば、夜中に集まって並べてある魚 を訳も分からない掛け声や指を出して買っていくイメージで、まさにその通りでした。最初はいくらで買われたの か誰が買ったのか全くわからず、また魚の知識もないので魚の名前から覚える始末でした。覚えていくうちに、 時期の旬の魚、福井の旬の魚等が分かるようになり、仕事が楽しくなってきました。またセリ資格を取り、担当 魚を販売していく上で、自分の売場を作り、販売価格を自分で決められるようになり、大きなやりがいを持てる ようになりました。

鮮魚部での仕事は、毎日獲れる魚も違えば価格も変わります。日々勉強し、日々楽しく過ごしています。今後は 担当魚種を増やし、知識、見聞を広げ、福井の食を預かる責任を感じながら仕事に取り組みたいです。

森下 高光

日々新鮮な驚きや発見を求めて!

鮮魚部 森下 高光
2012年入社 福井県立大学 生物資源学部 海洋生物資源学科卒

私は、子供のころから川遊びや魚釣りが好きだったこともあり、将来は魚に関係する仕事に就きたいと思っていました。
そして就職活動中に参加した会社見学会。セリ場に並ぶ新鮮な魚の美しい輝き、そして活気あふれるセリの迫力に魅力を感じ、この会社に入社しました。

現在は、所属する鮮魚部(第1グループ)では甘エビやカニをはじめ、福井近海で水揚げされる様々な魚種を取り扱っています。セリ場に並ぶ魚は季節や天候により種類や入荷数量も日々変化していきます。また、獲れた時期や産地、漁法によって同じ魚種でも評価が違ってきます。こうした変化の中に日々新鮮な驚きや発見があり、とても面白いです。

魚の良し悪しを見極める目利き、季節や天候による相場の変動、お客様のニーズの把握など、まだまだ勉強することが多いですが、魚のプロフェッショナルを目指して毎日の勉強と努力を積み重ねていきたいと思います。

工藤康照

尊敬できる先輩になる!

冷凍部 第2チーム 工藤 康照
2012年入社 福井県立大学 生物資源学部 海洋生物資源学科卒

私の地元は福井県の南に位置する小浜市です。ご多分にもれず、小さな頃から地元の魚を美味しい美味しいと食べて育ちました。

私と市場との出会いは大学の実習でした。県外の市場を見学に行った際に、各地からの魚が並ぶ中、福井県産の魚を発見し、「やはり福井の魚は美味しいんだ!県外でも評価されてるんだ!」とうれしく思い、さらにこの福井の魚を全国に知らしめたいと考え、福井の水産物流通の要である当社に入社しました。

私は今、冷凍魚全般を扱う冷凍部に所属し、魚だけでなくエビやカニなども扱っています。一般に知られていない外国の魚を取り扱ったり、海外に輸出する仕事も行っています。昔は何気なく食べていただけの魚。今、私はその流通の流れの中で役割を得ているのです。自分の扱っている商品が店頭に並び、どのようなお客様が購入されるのか?どのような調理をして食されるのか?それを思うと、日々の業務にも力が入ります。

しかし、まだまだ新人。分からないこともたくさんあります。それはすぐに先輩に聞くようにしています。積極的に知識を取り入れ、私が後輩を指導する時には自信を持って答えられる、尊敬される先輩になれるよう日々成長していきたいと思っています。

内山 貴博

自分が提案した商品がメニューに!

開発部 販促チーム 内山 貴博
2011年入社 福井県立大学 大学院 生物資源学研究科卒

私は、昔から海や魚が大好きで、魚に関わる仕事をしたいと思い、この会社に入社しました。
私の所属する部署は、開発部 販促チームといいます。そこでは主に県外の量販店や外食産業向けに商品をご提案する仕事をしています。販売する商品も魚全般にわたり、幅広く取り扱っています。そのため、魚に関した幅広い知識が必要となります。しかし当社には鮮魚・冷凍品・塩干品のそれぞれにスペシャリストが大勢います。現在私は、先輩方に商品の特徴等を聞いたり、時には実際に食べてみたりして、お客様に商品をアピールできるよう日々勉強させてもらっています。

実際に、自分達が提案した商品が採用されてメニューとして並んでいるのを見ると感動し、やりがいを感じます。
今後は、県外の遠く離れたお客様に対しても、少しでも自分の思い、情熱を伝えられるように先輩方に指導頂き、早く一人前の営業社員になれるように日々頑張っていこうと思っています。

平田 敏晃

責任感とプライドを持って!

特塩部 平田 敏晃
2009年入社 桃山学院大学 経営学部卒

私は、中途採用で当社に入社しました。前職は、水産業界とは全く関係のない業界で、魚に関する知識はほとんど持ち合わせておらず、ただ、魚を食べるのは好きというだけでした。そんな私が入社を決めた理由は、当社は福井県唯一の中央卸売市場の水産物の荷受会社であり、地元の水産物の流通の中枢となっているところに大きな可能性を感じたことです。

現在、私は特塩部という部署に所属し、「塩干品」と言われる干物、魚卵、珍味関係と「特殊品」と言われる貝類、海藻類や寿司ネタ関連商品などを取り扱っています。会社の中でも商品数が多い部署ですので日々勉強することばかりですが、福井県民の皆様の魚食を支えているという責任感で毎日身が引き締まる思いを感じていますし、プライドを持って仕事に取り組めています。

今後も、福井の魚をもっともっとPRし、供給していきたいと思っています。(私は大阪の出身なのですが、やはり福井の魚はオイシイです。)また、逆に消費者の方々にも信頼されるよう、とにかく前向きに粘り強く頑張っていきたいです。

畑 文隆

本当に美味しい福井の魚のトップセールスマンに!

冷凍部 第2チーム 畑 文隆
2009年入社 山形大学 地域教育文化学部 生活総合学科卒

私は、子供の頃から押しが弱く、自分を押し通すということがなかなかできない性格でした。しかし、いざ就職活動となったときに、「自分をアピールする仕事がしたい!自分の思いを押し通せるよう成長したい!」「また、福井といえばカニ!地元の名産品に携わった仕事をしたい!」との思いから当社に営業として入社しました。

今、私が配属されているのは冷凍部です。その中でも私は、刺身用サーモンや朝食に使用する鮭などの「鮭鱒」を扱っています。「鮭鱒」は全国的にも花形の商材であり、営業を通じ、いろいろな場所へ出張する機会や、いろいろな人と出会う機会があります。取引先様の中には、気の合う人、面白い人、尊敬できる人たちがたくさんおられ、その中でいろいろご指導を受け、勉強させて頂いており、それが日々楽しくて仕方ありません。

現在、日本人の魚離れが危惧されていますが、私は「もう一度魚の美味しさを伝えていきたい!!!」と考えています。そのために、「福井は近場で魚が獲れること」「季節に応じて様々な魚が獲れること」「福井の魚はとても美味しいということ」をどんどん発信していき、福井で獲れる「美味しい魚」をもっともっと多くの方に食べて頂けるような仕事をしていきたいと思っています。

岡田 正史

文武両道!

鮮魚部 岡田 正史
2008年入社 水産大学校 海洋生産管理学科卒

「なんて夢のような職場だ!」当社の会社説明会に参加した時、セリ場にずらりと並ぶ大量の魚に魅了され、私は毎日大好きな魚に囲まれて仕事ができると考え、即入社を決意しました。

入社してからは、また幸いにも希望する鮮魚部に配属され、セリ場の準備や立替(獲れた魚を発泡箱に綺麗に並べ替えます)等の作業的仕事と、全国各地から情報を収集して魚を集荷し、販売する商社の営業マン的な仕事の両方を行っています。頭も体も鍛えられるまさに「文武両道」のような仕事です。

仕事をしていて一番うれしいのは、やはり自分の集荷した魚がお客様に褒められた時です。また、朝のセリには今まで見たこともない珍しい魚が並ぶ時もあり、魚好きにはたまらない職場だと思います。

現在、地球温暖化の影響もあり、今まで福井では漁獲されなかった南方系の魚が獲れるようになってきており、その中には毒を持った魚もいます。今後は、そのような魚を消費者に流さないよう水際で食い止める魚食の安全・安心を守る番人の役割も担っていきたいと思っています。

ページトップへ